前へ
次へ

リノベーションと建て替えはどちらがいいのか

古い家を購入し、リノベーションをして新たに住むという人が増えていますが、立替とどのように違うのでしょうか。
リノベーションの場合、ある程度年数が経過していても20年前後だといわれています。
また、住む家の構造によって異なりますが、根太など家の仲の柱がしっかりしている場合や建築構造がしっかりしている場合などもリノベーションによって中の間取りや古くなった水周り部分を改装することが多いといいます。
対して建て替えを検討する場合には、50年以上建てられてから経過している家や、住んでいなくてぼろぼろになっている家、更に根太などの骨組みが既に痛んでいて住めなくなっている場合にも、建て替えが検討されるといいます。
耐震基準が1981年以前の場合には無条件で建替えたほうがいいといわれていますが、頑丈な家の場合には補修を行って住める場合もあるため、必ずしも正解であるとは限りません。
どの程度の住まいの状況下によって大幅に違うため、大工や建築業者に見てもらって判断することが多いといいます。
リノベーションのメリットとしては、建て替えるほど大規模な工事を行わずに家をライフスタイルにあった形に変えられることです。
また、古い設備を取り替え、新しいデザイン性や機能性に富んだものを導入できることもメリットといえるでしょう。
更にある程度建材への補修を行えるため、長期間すみ続けることも可能となることが挙げられています。
メリットは大きいため、取り入れている人が少なくありません。

格安で給湯器交換|旭区ウォーターソニック

山梨で土地探しを始める

山梨で耐震リフォーム

愛知・名古屋でマンションリフォームなら株式会社5tsuBox

自分の好きが詰まった住まいを建てたい方におすすめ
内装・外装も細かいところまでイメージをカタチにしてくれる三幸住建。

デメリットとしてあげられているのは、マンションなどの場合には一部制約があることや、凝った工事を行う場合はある程度の工期がかかることです。
一戸建ての場合周囲への配慮も大切となっているため、家を建て直すよりも多少の配慮が必要となるでしょう。
どの程度まで家を生かすことができるのか、工事業者との話し合いによって、家を新しく生まれ変わらせることができるのかがはっきりします。

Page Top